2000s

信頼されるパートナーを目指して、企業ブランド構築への大きな変革 Establishing BD Brand for Further Growth
2000年代、BDはこれまで培ってきた強力な製品ブランドに加えて、激しい競争の時代を勝ち抜くため、BDブランドの確立を目指した「マスターブランド戦略」を施行。ワンカンパニーとして事業部間のシナジーの強化、新製品の導入の促進など、よりダイナミックな成長に向けて大きく舵をきりました。BDブランドを担う新しいロゴの制定を始め、企業理念と基本的価値観も徹底、「BD」という呼称への統一、組織名称、製品名称、パッケージ、販促物や広告のデザイン、ウェブサイトや展示ブースなど、聞くもの見るものがすべて一新されました。 ビジネスにおいても、「女性の健康」、「がん」、「再生医療」、「ワクチン」などの新しい領域や、「HAI(医療関連感染)」という部門を越えた活動が展開され、大きな成長を遂げました。この10年、一人ひとりの社員の中にしっかりと根づいた新しい「BD」の企業文化は、さらに輝かしい未来へ向かって、受け継がれて行くことでしょう。
BD バキュテイナ™ エクリプス™ 安全機能付き採血針写真
BD バキュテイナ™ エクリプス™ 安全機能付き採血針
神戸市先端医療センター内にラボ写真
神戸市先端医療センター内にラボを開設
BD FACSAria™ III セルソーター写真
BD FACSAria™ III セルソーター
2000 社員数415名
お客様情報センター開設

福島第2工場竣工

キット製剤専用プレフィルドシリンジBD ハイパック™ システムの国内生産開始

2001
BD BBL™生培地クロムアガーシリーズ発売

インフルエンザ迅速診断用キットキャピリア® FluA,B発売

BD バキュテイナ™ エクリプス™安全機能付き採血針発売


2002
BD神戸バイオサイエンスラボラトリーを開設

BD ジニー™ランセット発売

インフルエンザ迅速診断用キットディレクティジェン™ Flu A+B発売


2003 社員数510名
基幹業務統合システム導入

次世代セルソーター BD FACSAria™発売

BD BBL™ VRE選択培地発売

BD プリセット™ 動脈採血キット発売
2004 社員数550名
BD FACSArray™ バイオアナライザー、BD FACSCanto™ フローサイトメーター発売

BD 高濃度マトリゲル マトリックス発売

2005
福島県において製造販売業を取得

インフルエンザ迅速検査キットBD Flu™エグザマン発売


2006
東京赤坂ガーデンシティビルに本社移転

分子診断検査用パクスジーン®RNA採血管発売
BD マイクロティナ™セーフティ ランセット写真
BD マイクロティナ™セーフティ ランセット
BD P700 GLP-1 保存用真空採血管写真
BD P700 GLP-1 保存用真空採血管
BD シュアパス™ 液状処理細胞診システム写真
BD シュアパス™ 液状処理細胞診システム
2007
福島工場操業20周年

福島工場に新配送センター竣工

BD Gentest™製品発売

代表取締役社長 足利英幸就任

2008
BD マイクロティナ™セーフティ ランセット発売

BD P700 GLP-1 保存用真空採血管発売


2009
子宮頸がん細胞診検査製品BD シュアパス™液状処理細胞診システム発売

BD PureCoat™ セルカルチャーウェア、BD Influx™ セルソーター発売

東京カスタマーサービスセンター開設

代表取締役社長フランク フローリオ就任


2010
極小インスリン用注射針BD マイクロファインプラス™32G×4mm Thin Wall発売

BD マイクロティナ™ MAP微量採血管発売

世界の2000年代


2001 米国同時多発テロ

2002 FIFA ワールドカップ 日韓共同開催

2003 ヒトゲノム解読終了/SARS大流行/鳥インフルエンザ感染発生



2005 愛知万国博

2006 WBCで王ジャパン世界一

2007 iPS細胞生成技術の発表

2008 リーマンショック/北京オリンピック

2009 裁判員制度スタート