医療関係者向けのページです

感染制御支援システム

「BD感染症制御支援システム」は、感染対策を病院全体で実践するために開発された病院感染対策支援ツールです。 電子カルテ/オーダリングシステムと連動し感染対策に必要な情報を一元管理することにより、効果的な感染対策が実現できます。

主な機能

システム画面イメージ
・ 院内感染マップ
・ 臨床経過図
・ アウトブレイクモニタリング
・ 各種サーベイランス支援(SSI、BSI、UTI、VAP等)
・ ICTラウンド支援
・ 各種微生物検査統計
・ 微生物検査業務管理機能
BDフェニックス画像
感染制御に貢献することは、BDにとって最も重要な目標のひとつです。昨今、結核の再興や、多剤耐性菌(PRSP、VRE、ESBLs、VISA等)の増加などが社会問題となり、病院感染対策の在り方が改めて問われています。それにともない、病原体を迅速かつ性格に発見するための微生物検査の役割も益々重要になってきました。
BDはこのような環境を早くから見据え、より高精度かつ迅速な培養・同定・感受性試験のための分析システムや、感染症の診断・治療支援および感染制御のためのサーベイランス、疫学統計を行うための感染制御支援システムなどをソリューションとして提案しています。