医療関係者向けのページです

核酸増幅検査関連

  • SDA法 (Strand Displacement Amplification)
    SDA法は、標的遺伝子に特異的な4種のプライマーとエキソヌクレアーゼ(−)DNAポリメラーゼによるDNA伸長反応、および制限酵素による標的配列の片側鎖にnickが入る反応が基本となっています。制限酵素によるnick部分がプライマーと同等の働きをすることにより、鎖置換型DNA伸長反応が連続して生じ、一定温度条件での増幅反応を実現しています。

製品情報

核酸増幅検査

・BD マックス™ 全自動核酸抽出増幅検査システム
・BD マックス™ オープン試薬
・BD バイパー™ LT システム
・BDプローブテックET
・BDプローブテックET クラミジア・トラコマチス ナイセリア・ゴノレア