保守サービス

機器を安心してご利用いただくために
BD ダイアグノスティックスは、臨床微生物検査の現場における血液培養自動分析装置や全自動同定感受性検査システムなど、独自の技術を駆使した製品群を提供しています。より高い精度の結果を出すために機器の性能はより精密に複雑化しております。
機器がより良い状態を保ち、高いパフォーマンスを発揮し、臨床微生物検査を支援するよう私たちサービス部門が皆様を全面的にサポートいたします。

お客様のニーズに合わせた契約プラン

プラン機種点検
(1回/年)
作業・
出張費
修理
部品費
修理
回数
フルメンテナンスBD バクテック™ FX システム
BD バクテック™ 9000 システム
BD バクテック™ MGIT システム
BD フェニックス™ システム*1
無制限
エコノミーABD バクテック™ 9000 システム*2
BD バクテック™ MGIT システム*2
BD フェニックス™ システム
BD フェニックス™ AP
2回/年
エコノミーBBD バクテック™ FX システム
BD™ 微生物検査管理システム*3
BD EpiCenter ™ システム
無制限
● : 契約に含まれます。
*1 : 定期交換部品を含みます。点検は2回/年です。
*2 : 3回目以降の修理の請求上限を200,000円/回としています。
*3 : 構成品全てを含むタイプとサーバーのみのタイプがあります。

保守契約/定期点検のメリット

機器を最良のコンディションに保つことは、稼働率や業務効率を高めることにつながります。
大切な資産を有効活用いただくためにも保守契約にご加入になることをお勧めいたします。

・定期点検により機器性能が安定し、測定データの信頼性が高まります。

・エンジニアによるきめ細かいケアにより、故障の発生率を低減できます。

・トラブル時の費用捻出の負担が軽減され、迅速に解決できます。

・消耗部品の交換を定期的にエンジニアが実施するので、手間が省け作業も確実です。

・点検後に、機器の状態を証明する点検整備報告書が発行されます。

・保守契約範囲の故障修理が定額のため、年間支出を予想しやすくなります。

主な高額部品(BD バクテック™ 血液培養自動分析装置の場合)

保守契約が、以下のような高額部品の不具合も保証します。
モーター・ラック・マザーボード

定期交換部品(BD フェニックス™ 全自動同定感受性検査システムの場合)

定期的に交換が必要なパーツを熟練したエンジニアが交換いたします。
ノーマライザーパネル
BD フェニックス™ 全自動同定感受性検査システムには、光学系の自動調整用に4枚のノーマライザーパネル(キャリブレーション用パネル)がセットされております。
ノーマライザーパネル交換のタイミングは使用開始から2年です。
UVランプ
BD フェニックス™ 全自動同定感受性検査システムには測定用に「フロント」「リア」前後2本のUVランプがセットされております。通常「 フロント」UVランプの使用開始後6ヶ月で「リア」UVランプに切り替わります。
保守サービスにはUVランプ交換が含まれます。

* UVランプ交換はメンテナンスに合わせ6ヵ月毎に行ないます。エコノミーAでは「フロント」「リア」を同時に交換致します。

経年と修理に要する費用の関係

経年劣化による機器の故障は、使用後の年数により増加する傾向があります。納入後年数が長くなるにつれ故障リスクが高くなり、保守料金も割高になります。早期に保守契約にご加入いただくことにより、エンジニアが定期的に訪問し、消耗部品の交換・パーツの洗浄や不具合箇所のチェックなどを行うことで、部品の劣化や突発的な故障を減らし、全体のトラブル発生率を低く抑えることが可能になります。

関連情報

サポート・トレーニング

日本BDは、充実したサポート、トレーニングを行っています。