医療関係者向けのページです

BD バキュテイナ™ CPT™ 単核球分離用採血管FAQ

問題考えられる原因対応
10%以上の顆粒球混入遠心力が適切でない1500〜1800×gで遠心
遠心時、またはBD バキュテイナ CPT™の温度が室温(18〜25℃)にない遠心時、およびBD バキュテイナ CPT™の温度が室温(18〜25℃)にあるようにする
遠心分離前の放置時間が長い採血後、2時間以内に遠心分離する
単核球に対する顆粒球の割合が高い異常検体Ficoll Hypaque法による分離を行う
赤血球の混入遠心時、またはBD バキュテイナ CPT™の温度が室温(18〜25℃)にない遠心時、およびBD バキュテイナ CPT™の温度が室温(18〜25℃)にあるようにする
遠心時間が短い遠心時間を長くする(最長30分)
MCHCが基準値範囲以下である遠心時間を長くする(最長30分)
細胞数が少ない白血球減少症必要であればBD バキュテイナ CPT™の採血本数を追加する
過剰な血小板血小板数が多い分離した細胞を、100×gで15分2回洗浄する
はっきりとした単核球層がない遠心器用アダプターのサイズが不適切である16×125mm遠心器用アダプターを使用
遠心器の較正が適切でない遠心器の較正を行う
遠心速度が遅い1500〜1800×gで遠心する
高脂血症検体絶食時の血液検体を使用する
ゲルが移動しない遠心速度が遅い1500〜1800×gで遠心する
遠心時の温度が18℃未満遠心時の温度を18〜25℃に設定する