黄色ブドウ球菌の選択分離培地 - ベアードパーカー寒天培地

製品イメージ写真
・黄色ブドウ球菌の選択分離培地
(食案発0729第4号『食品、添加物等の規格基準に定める黄色ブドウ球菌の試験法の改正』に収載)
・国際規格であるISO6888、AOAC、およびBAM法でも推奨
・グローバルブランドでは唯一の国内自社工場製造

国内自社工場より、新鮮な生培地をお届け

Difco™/BBL™ブランドの培地をベースに三極薬局方に準拠した製品をグローバルメーカーで唯一、国内自社工場より、新鮮な生培地をお届けします!

ベアードパーカー寒天培地とは?

平成27年7月の食案発0729第4号「食品、添加物等の規格基準に定める黄色ブドウ球菌の試験法の改正」で推奨されている黄色ブドウ球菌の選択分離培地です。また、国際規格であるISO, AOAC, およびBAM法でも推奨されています。

原理

本製品には、ブドウ球菌の発育を促進するために、ピルビン酸ナトリウムが含まれております。また、亜テルル酸塩は、ブドウ球菌以外の多くの菌種を抑制し、亜テルル酸カリウムが還元されるとブドウ球菌のコロニーを黒変させます。グリシンおよび塩化リチウムも、ブドウ球菌以外の細菌を抑制します。卵黄は栄養分となるとともに、卵黄反応の其質となり、ブドウ球菌の推定同定に役立ちます。

組成(精製水1Lあたり)
カゼインースイ消化ペプトン・・・・・・・・・・・・10.0g
肉エキス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.0g
酵母エキス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1.0g
グリシン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12.0g
ピルビン酸ナトリウム・・・・・・・・・・・・・・・10.0g
塩化リチウム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.0g
寒天・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20.0g
亜テルル酸カリウム・・・・・・・・・・・・・・・・ 0.1g
35%濃度卵黄液・・・・・・・・・・・・・・・・・・28.5mL
pH7.2±0.2

※組成内容は1リッター中の配合量の参考値であり、性能基準を満たすように配合量の調整を行っています。
※亜テルル酸溶液と卵黄液をそれぞれ最終濃度が0.01%,1%で調整しています。

試験菌株試験菌株コロニー色卵黄反応(Halo)
Staphylococcus aureus ATCC25923良好な発育
Staphylococcus aureus ATCC13150良好な発育
Staphylococcus epidermidis ATCC12228部分抑制
Escherichia coli ATCC25922発育阻害  
Bacillus およびグラム陰性桿菌の一部が、まれに発育することがありますが、茶色のコロニーとして識別可能です。

生培地(新発売)※国内製造品

カタログ番号 製品名 包装単位
252486 BD BBL™ ベアードパーカー寒天培地 20枚
252487 BD BBL™ ベアードパーカー寒天培地 100枚

関連生培地(好評発売中)※国内製造品

カタログ番号 製品名 包装単位 詳細
251751 卵黄加マンニット食塩寒天培地 100枚 weblink
251977 卵黄加マンニット食塩寒天培地 20枚 weblink

関連粉末培地(好評発売中)

カタログ番号 製品名 包装単位
276840 ベアードパーカー寒天基礎培地 500g
※作製にあたっては、別途亜テルル酸カリウムおよび卵黄液が必要となります。

ダウンロード

関連情報

  • pagelink 試験成績書

    ロット毎に成績証明書(PDF)がダウンロードできます。

『BD BBL™ 卵黄加マンニット食塩寒天培地』

食品等から黄色ブドウ球菌の選択分離および生菌数の検査に用いられる培地です。